2009年05月09日

RPG制作記(5/1〜5/8)

ついに記事数も40を超えてしまいました(^▽^;)
そろそろ 記事のタグとかブログのデザインなど
これまで 若干放置していたようなものも
整理していかないといけませんね〜

……まぁ 記事数100までにはやってみようと思います( ̄ー ̄;


今週も特に劇的に進展したことなどはないので
正直言って 書くことがないのですが……
そろそろ 始めますか(*^▽^*)

さ〜て 今週のこの記事は……
・メインのRPGは普段通り……┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ〜
・「ファイムルえいゆうき」もそこそこ……┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ〜
の二本でお送り…… したいと思いましたが
こんな記事では2行で終了してしまうので
今回はRPGの要素「ネーミング」について記事を書こうかと思います。




RPG制作において
人物の名前やアイテムの名前,魔法などスキルの名前,町の名前など
様々な場面で名前をつける場面があります。

RPG制作におけるネーミングセンスというものは
その作品の出来を左右するといっても過言ではないくらい
重要なものだったりします。

例えば DQでは魔法の効果がその言葉によって
なんとなく 表現されていたり
武器などでも 「破壊の剣」とか「皆殺しの剣」とか
聞いただけでは どんなものなのか全く想像もつかないけれど
明らかにのろわれていて 強そうな武器であると
プレイヤーに認識させるような名前がつけられていますよね?


実を言うと 自分はこの作業がかなり苦手だったりします。

やはり 固定観念に縛られてしまうことと
オリジナルを作りたいという願望がぶつかり合ってしまい
結局 当たり障りの無い名前になってしまう傾向があります
(ノ_・。)


昔 全ての固定観念を捨てて
フリーダムに名前をつけたことがありました。
しかし その作品を遊んでくれた友人から
「名前から全く効果が読み取れないから訳が解らん」
と酷評されました……

まぁ 今となって考えてみれば
友人の言い分はもっともでしたが……
当時の自分はむきになってしまって
「じゃあ お望みどおり名前を変えてやるよ」と
そのフリーダムな名前を全て一新し
「敵1」とか「剣1」とか「回復1」とかいう
全く面白味の無い名前にして 友人に渡しました。
すると 今度は友人が
「これじゃつまらんだろ」と
最後までプレイしてくれませんでした。



……それは極端な話ではあるのですが
それ以降かどうかは いまいち覚えてませんが
ネーミングには神経質になってしまうように
なってしまったんですね〜
やっぱり プレイヤーのやる気を出させるのも そぐのも
作り手のセンスとさじ加減次第だと思うのです……


とまあ どうでもいい話を書いてしまいましたが……
今回の記事はこの辺りで終了させていただきます。

世間では インフルエンザの話題でもちきりですが
体調をしっかり管理して 今週も良い週末をお過ごしください
でわでわ〜マタネッ(*^-゚)/~Bye♪


posted by TEN☆ at 05:07| Comment(2) | RPGツクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは〜♪

>ネーミング
これは難しい問題ですよね;
名前を見れば名付けた方が好きな作品の
おおよその検討がついてしまったり…
プレイする人が知らない作品なら新鮮さが
増したりするかも…ですけど;
でもやっぱり当たり障り無くDQかFFに準拠
してしまう事が多いですよね;

TEN☆さんも体調管理には気をつけて下さいね;
ではまた〜♪
Posted by L⇔Ren at 2009年05月11日 20:38
L⇔Renさん こんばんわ〜

>ネーミング

RPGというジャンルは
既に かなりの数の 作品がリリースされているので
それらと 被らないようなネーミングは
ほぼ 不可能に近い気がしますね〜

被ることを恐れず
解りやすい名前をつけるのが一番なのかもしれませんね〜


今月中にマップ作りを終わらせて
来月からは制作記っぽい記事を投稿したいと思います

コメントありがとうございました〜
では(⌒ー⌒)ノ~~~
Posted by TEN☆ at 2009年05月12日 02:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。