2009年05月26日

『fu-ma』プレイ日記(3:28〜4:00)

どうもこんばんは
本当ならばいつもの時間に投稿する予定だった記事ですが
Seesaaのメンテナンスと被ってしまって
投稿が遅れてしまいました(ノ△・。)
というわけで この下からは前日に書いた文になっております。


今週も『fu-ma』プレイ日記の時間がやってまいりました〜
今回はプレイ中 少し事件が起こってしまいましたが
比較的冷静に記事を投稿していきたいと思います。



・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−
前回のあらすじ
=======================
完全に道を見失った「てん」一行
ようやくたどり着いた村では全く重要な情報を得られず……
果たしてこの状況を打開することが出来るのか!?
・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−


先週はほとんど内容が進まなかったことに焦ってしまって
周りが見えていませんでしたが……
今回は冷静に原点に戻るということで 大神殿からスタートしました。

なぜ大神殿なのかというと ここで雫について押し付け頼まれたので
きっと 雫についてのヒントが
ここでもらえるであろうと思ったからです。
これが後に事件を引き起こすことになるとも知らずに……

……が しかしここの偉い人(名前?そんなの知らないね゛(`ヘ´#))は
どうやら 頼むだけ頼んでおいてヒントは教えてくれないようで
結局 収穫無しで大神殿を後にする「てん」一行でした……

まぁ とりあえず船に乗るか……と北西の船着場を目指していると
切り株の上に木神人形が置いてあるではありませんか!!
前回の記事で飛ばした部分(というか記事を書くとき忘れてたかも)で
この人形を使うほこらっぽいものを発見して
そこに二つ人形を供えて残りの台座は1つ

もしかして これを使えば物語に進展するのか?とわくわくしながら
そのほこらを目指しました。o(^o^)o ワクワク

最初の町(名前ぐらい覚えてろよ!!)へワープしてそこから船で南下!!
敵を蹴散らしながらようやくたどり着いた一行
彼らを待っていたものは……


あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
『おれは安全に物語を進めていたつもりだったのに
 気が付いたらリセットの危機に瀕していた』
な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
おれも何をされたのかわからなかった…

全滅だとか時間切れだとか
そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…


というわけで 何が起こったかといいますと
木神人形を供えると石化していた木神が復活しました。
まぁ ここまでは特になんでもない良くあるRPGのイベントです。

そして きっとキーアイテムでももらえるのだろうと
思っていた……のですが
そのまま木神が仲間に加わりましたΣ(゚д゚;) ヌオォ!?
ま まぁ これでも予想外ではありますが少し驚く程度ですよね?

ただ一つおかしなことは……
その木神のLvが50だったのですw
(主人公達の現在の平均が約Lv14)

この展開は読めなかったなぁ……
しかもストーリーに進展なしっぽいし……
さあ どうしたものか……「(ーヘー;)

これではゲームバランスが
大きく崩れてしまう可能性があります……
かといって
ここまで約10分を無駄にするわけにもいきません……

しばらく考えた後
もしかするとこれを含めて
バランスが調整されている可能性もあるし
途中離脱の可能性もあると判断して
結局 そのままセーブデータをわけて進めることにしました。



とりあえず最初の町に戻るため
船で北上していると(若干寄り道気味にですが……)
海上が光っている場所を見つけました!!
そこを調べてみると……
「うちでのこづち」なるものを発見しました。

最初の町に戻って一息つきながら
少しこれまでの冒険を振り返ってみると
ロアンが仲間になってから港町までサクサク進め過ぎていて
その区間の探索が甘かったように思いました。
(さっきの木神人形の件もそうです)
多分 この区間にまだ何かあるんじゃないかと思い
さっきの木神人形を見つけたポイントに戻り
その周辺を探索することにしました。

西に進んでいくといきなり洞窟を発見w
やっぱりこの区間かなり探索が甘かったようです(ノ_-。)
まぁ ちょうどこの辺りを移動していた頃は
全体魔法の威力に酔いしれ
雑魚敵を蹴散らすことに夢中になってしまっていましたからね〜

洞窟に入ってみると
ものすごくでかい宝箱が一つと下り階段が一つ
右のほうに行きたくても落とし穴が邪魔で通れません……
とりあえず階段を下りてみると……行き止まり!?
しかし これくらいで焦りませんよ〜
なんとなくではありますが 答えはわかっていますからw

まず第一に 「ものすごくでかい宝箱」
あけるのには 大きくないと駄目そうです。

そして第二に 「一マス分の幅の落とし穴」
大きければ落ちずにすみそうですね。

この二つに共通することは
『大きければ何とかなりそうということ』
そして 都合よくそのアイテムを先ほど見つけました!!
もうお分かりですね? そうビッグライト……ではなく
「うちでのこづち」です。


それにしても
この制作者はなかなか侮れないかもしれませんね〜
こちらの行動パターンが読まれているような気がします……
たまたまかも知れませんが

神殿付近で木神人形が揃ってほこらへ向かう → 
帰りに「うちでのこづち」を発見 →
木神人形を拾った近くでそれを必要とする洞窟がある

といった具合に
見事に製作者の思惑通り動かされている気がします……
少し悔しいですね〜w

洞窟でからくり人形や鍵など重要そうなアイテムを回収して
本日は終了です。


最後まで読んでいただきありがとうございました〜
また次回をお楽しみに!!


posted by TEN☆ at 20:17| Comment(0) | RPGツクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。